宇宙には4,080Mhzのマイクロ波が存在している!

宇宙はビックバンで誕生し、ビックバンで発生した電磁波が宇宙に存在すると仮定してそれを検出した研究があるそうです。


ということは、思考盗聴もマイクロ波を使っているらしいのですが、地球から脱出しても所詮はマイクロ波からは逃れられないということになります。


今日も思考盗聴犯の声は朝から晩まで続いています。


海外へも行きましたが、20年以上も前なのにリアルタイムで音声は届きました。


当時はまだ携帯電話すら普及しておらず、衛星放送はタイムラグが必ずありましたので、すごい技術があるもんだと驚きおびえました。


しかし、こういった人工的な電磁波攻撃だけではなく、宇宙全体に電磁波が存在しているのだと知って、逃げ場のない人間は突然変異を起こすのでは? という説が浮かび上がります。冗談ではありません。


生物が突然変異を起こす原因の一つに、自然界の放射線があります。

電離放射線は生物の進化の源であり、遺伝子を変化させてきたのです。


しかし、人工的な電磁波(携帯電話の電波等)の送電線由来の磁界は、非電離放射線といって直接遺伝子を傷つけたりする能力はないといわれています。ただし、電磁波を大量に受けると熱が発生するので、その熱によって人体に影響は出ます。また電磁波を受けて、大きな誘導電流が人体に流れた場合感電することもあります。


X線也ガンマー線などの周波数が非常に高い電磁波はDNAを傷つける可能性があります。

紫外線(10¹⁶ヘルツ前後)などは、大量に浴びると日焼けを起こす原因となる。

マイクロ波も電子レンジで使用している(2.45×10⁹ヘルツ)は、強く照射されると物をあたためる作用がある。


最近のストーカー被害の方のお話を聞いていると、「ビリビリする」とか「呼吸が困難になる」とかよく聞くので、かなり大量に電磁波(送電線由来の電磁波ではない電磁波)を当てられていると思われます。


逃げ場をなくした人類はこれからどう進化していくのでしょうか?


それを見届けるためにもまだ、生きている必要がある気がします。




0コメント

  • 1000 / 1000