電磁波について

wiki
・電波(radio wave)
・電磁波(electromagnetic wave)
・マイクロ波 (microwave)
・周波数 (frequency)

・極超短波 (UHF:Ultra High Frequency)

・電波帯域 (band)


どれも普段聴いたことがある用語だとは思いますが、このサイトでよく使う電磁波の説明を簡単にしたいと思います。




電波


電子のような荷電粒子が加速度運動をすることにより発生する電磁波のうち、比較器的周波数の低い者の総称、つまり波長の長い光である。
電波法第二条一項 周波数3THz以下(波長0.1mm以上)のものを指すと規定されている。
分類
周波数による分類
電波は、波長が0.1mmより長い(3THzより周波数が低い)ものをいう。その中で波長が1m以下(300MHzより周波数が高い)、つまりUHF、SHF、EHF、サブミリ波はマイクロ波という。
波長100km・105m、3kHz
超長波 (VLF)
波長10km・104m、30kHz
長波 (LF)
波長1km・103m、300kHz
中波 (MF)
波長100m・102m、3MHz
短波 (HF)
波長10m・101m、30MHz
超短波 (VHF)
波長1m・100m、300MHz
極超短波 (UHF)
波長10cm・10−1m、3GHz
センチメートル波 (SHF)
波長1cm・10−2m、30GHz
ミリメートル波 (EHF)
波長1mm・10−3m、300GHz
サブミリ波(THF)(テラヘルツ波)
波長0.1mm・10−4m、3THz
一般的な用途
音声や映像、コンピューターデータなどの送信である。テレビや携帯電話が最もなじみの深い使われ方。
地球上では人為的に発生させて情報通信などに用いているが、宇宙空間でも自然発生している。
宇宙空間の電波は大きく分けて二種類
・熱的電波
・非熱的電波




電磁波


電子のような荷電粒子が加速度運動をすることにより発生するもの。光ともいう。
種類
電波、赤外線、紫外線、可視光線、X線等のような周波数を持つエネルギーのこと。
周波数が高ければ高エネルギー。
障害物に対しては低い周波数(長い波長)ほど有利。
電場の振動と、磁場の振動が互いにその状態を保ちながら波の形で広がっているような者のことを電磁波という。
波長の長い(周波数の低い)ものを電波という。
電波、電磁波の区別は0.1mm(3THz)が基準で、これより波長が長い(周波数が低い)もを電波という。波長が1m以下、UHF、SHF、EHF、サブミリ波はマイクロ波という。
波長1mm・10−3m、300GHz]
サブミリ波 (THF) (テラヘルツ波
波長0.1mm・10−4m、3THz]
(遠赤外線)
赤外線 (30THz)
(近赤外線)
可視光線
波長100nm・10−7m、3PHz]
紫外線
波長10nm・10−8m、30PHz]
真空紫外線 (200nm〜30nm)
軟X線 (30nm〜0.8nm)
硬X線 (0.8nm〜0.01nm)
波長1nm・10−9m、300PHz]
X線 (1nm〜1pm)
波長1pm・10−12m、300EHz]
γ線 (1pm〜10fm)

マイクロ波

マイクロ波
波長がUHFかそれより短く(周波数が大きく)赤外線より波長が長い(周波数の小さい)電波の総称。
周波数:300MHz~3THz
波長:1m~0.1mm
上記の範囲を一般にマイクロ波という。
帯域の分類
極超短波(UHF)
センチメートル波(SHF)
ミリメートル波(EHF)
サブミリ波(THF)(テラヘルツ波)
1~3GHz帯のUHFを準マイクロ波帯と呼ぶことがある。
通信用に開発された周波数帯。800MHz帯
UHF帯波マイクロ波の範疇である。




周波数


1秒間に繰り返す波の数(振動数)のこと。波は電波又は電磁波。
1秒間に周期が1回だけなら、周波数は1であり、1Hzと表記される。
100=100Hz
1000=1000Hz
1000Hz=1kHz
1000k=1MHz
FMラジオ放送で79.5MHzと仮定すると1秒間に周期が79,500,000回ということになる。




極超短波


電波体育の区分の一つ。ITU Radio Regulations(無線通信規則)の記号は「UHF」、電波法施行規則では「デシメートル波」。
範囲
周波数: 300MHz~3GHz
波長: 1m~10cm
周波数帯の番号: 9
周波数帯の略称: UHF
メートルによる区分: デシメートル波
テレビ放送、テレターミナル、携帯電話、自動車無線、パーソナル無線、業務用無線、各種レーダーに利用されている。
430MHz帯 アマチュア無線
800MHz帯 携帯電話
1.2GHz帯 アマチュア無線
1.5GHz帯 携帯電話
1.9GHz帯 PHS
2GHz帯 携帯電話(IMT-2000)
2.4GHz帯 無線LAN
・Bluetooth
・IEEE 802.11b
・IEEE 802.11g
・アマチュア無線
2.4GHz帯(2;400GHz~2.4835GHz)はISMと呼ばれ、無免許で利用できる電波帯が含まれる。
ISMには様々なり用法があるが、生活に身近なもが携帯電話や電子レンジの周波数(約2.45GHz)である。



電波帯域

周波数分類
(0) 極極極極超長波 (TLF) (<3Hz)
(1) 極極極超長波 (ELF) (3〜30Hz)
(2) 極極超長波 (SLF) (30〜300Hz)
(3) 極超長波 (ULF) (300〜3000Hz)
4 超長波 (VLF) (3〜30kHz)
5 長波 (LF) (30〜300kHz)
6 中波 (MF) (300〜3000kHz)
7 短波 (HF) (3〜30MHz)
8 超短波 (VHF) (30〜300MHz)
マイクロ波
9 極超短波 (UHF) (300〜3000MHz)
10 センチメートル波 (SHF) (3〜30GHz)
11 ミリメートル波 (EHF) (30〜300GHz)
12 サブミリ波 (THF) ≒ テラヘルツ波 (300〜3000GHz)
IEEE(米軍方式)
Lバンド (1〜2GHz) ‐ Long wave
Sバンド (2〜4GHz) ‐ Short wave
Cバンド (4〜8GHz)
Xバンド (8〜12GHz)
Kuバンド (12〜18GHz) ‐ Kurz-under
Kバンド (18〜27GHz) ‐ ドイツ語のKurz
Kaバンド (27〜40GHz) ‐ Kurz-abobe
Vバンド (40〜75GHz)
Wバンド (75〜110GHz) ‐ Vの次の文字
mmバンド (110〜300GHz)
NATO
Aバンド (0〜0.25GHz)
Bバンド (0.25〜0.5GHz)
Cバンド (0.5〜1.0GHz)
Dバンド (1〜2GHz)
Eバンド (2〜3GHz)
Fバンド (3〜4GHz)
Gバンド (4〜6GHz)
Hバンド (6〜8GHz)
Iバンド (8〜10GHz)
Jバンド (10〜20GHz)
Kバンド (20〜40GHz)
Lバンド (40〜60GHz)
Mバンド (60〜100GHz)
日本での利用方法
極超短波(UHF)帯
430MHz帯
アマチュア無線
700MHz帯
携帯電話 (APT700)
(NTTドコモ) (2015(平成27)年1月より開始予定)
(KDDI)
(イー・モバイル)
800MHz帯
携帯電話
900MHz帯
携帯電話
1.2GHz帯
アマチュア無線
1.4GHz帯
携帯電話
1.5GHz帯
携帯電話
1.7GHz帯
携帯電話
FOMAプラスエリア
イー・モバイル
1.9GHz帯
PHS
2.1GHz帯
携帯電話(IMT-2000)
2.4GHz帯
無線LAN
Bluetooth
IEEE 802.11b
IEEE 802.11g
アマチュア無線
2.5GHz帯
高速データ通信サービス(Broadband Wireless Access、BWA)
WiMAX Release 1.0
UQ WiMAX
WiMAX Release 2.1
WiMAX 2+
3.5GHz帯
LTE-Advancedなど (※予定) (※現在は別用途で使用中)
センチメートル波(SHF)帯
5.2〜5.8GHz帯 (5GHz帯)
無線LAN
IEEE 802.11a
5.6GHz
アマチュア無線
10GHz帯
アマチュア無線
11GHz帯
BS放送
12GHz帯
CS放送(スカパー!)
難視聴地域用の地上波テレビ放送
携帯電話
3GPP周波数 (3GPPによる)
Band Class (3GPP2による)
アマチュア無線
LF帯
135kHz帯
HF帯
1.9MHz帯 (前半1.8MHz帯は主として国外、後半1.9MHz帯は主として国内での通信用)
3.5MHz帯 (主として国内でのラグチュー用)
3.8MHz帯 (DX用)
7MHz帯 (短波帯で最も人気のあるバンド)
10MHz帯(2級)
14MHz帯(2級)
18MHz帯(3級)
21MHz帯
24MHz帯
28MHz帯
VHF帯
50MHz帯
144MHz帯
UHF帯
430MHz帯
1200MHz帯
2400MHz帯
SHF帯
5600MHz帯
10.1GHz帯
10.4GHz帯
24GHz帯
ミリ波帯
47GHz帯
77GHz帯
135GHz帯
249GHz帯
この他、「4630kHz」というものがある。電信のみ可能な、災害時などにつかう非常呼出し専用周波数である。電信のみなので、第三級アマチュア無線技士以上の資格が必要。
(3級)と書かれたものは第三級アマチュア無線技士以上、(2級)と書かれたものは第二級アマチュア無線技士以上のアマチュア無線技士資格が必要

0コメント

  • 1000 / 1000