IMT-Advanced

IMT-Advanced 

Wikipedia引用

周波数帯[編集] 2007年に開催された世界無線通信会議、WRC-07 において第3および第4世代移動通信システム (IMT) に使用する世界共通の周波数帯が採択された。
 450 - 470 MHz band 698 - 862 MHz band in Region 2 and nine countries of Region 3 790 - 862 MHz band in Regions 1 and 3 2.3 - 2.4 GHz band 3.4 - 3.6 GHz band (no global allocation, but accepted by many countries) このうち日本では、3.4 - 3.6GHz と 698 - 806MHz の一部を使用する予定。

日本の周波数利用効率の高い無線技術が国際標準とされている。

周波数ひっ迫のための国際機関などとの連絡調整事務

第4世代移動通信システムの標準化の状況について


0コメント

  • 1000 / 1000