集ストは加害者も被害者も実験台

レイプ、拷問により殺人を引き起こす実験



混乱→レイプ→外傷→記憶

記憶→保護→キーワードプログラム→殺人




子供で実験



DR ヨゼフ・メンゲレ 子供で徹底的に実験を行った。

メスカリン電気ショック療法催眠感覚遮断を使用して、制御するための拷問レイプ、飢餓や、外傷ボンディング。



MK ULTRA



軍とCIA軍事用、大人と子供に関する実験。

CIAは、ナチスの方法論をコピーして、独自の多数のプログラムを開始した。


最初のプログラムはMK ULTRA (1953マインドコントロールのためのドイツ語の単語)

米海軍と米陸軍科学部帯は、独自の麻薬催眠を実施した。


囚人、精神病患者、外国人少数民族、それらの上のプログラム。

  • 混乱にマインドコントロールの数十を回避するために、性的逸脱と分類。
  • 3歳児にレイプ、重篤な外傷で原因を作る。
  • メモリから心を保護しようとする試みに分割又は解離する人格。
  • 精神医学用語が複数ある耐えるにはあまりにも痛みを伴うイベント。
  • 人格障害または解離性同一性障害、生成することができます。
  • 多重人格障害。
  • 子供時代の虐待精神的外傷や複数の作成で作成されました。
  • レイプの手段および他の恐怖によって、さらに精神的外傷を誘導します。
  • 解離状態は催眠誘導する※の開口部として使用されています。
  • 代替シェル人格
  • マインドコントロールのためのLSDと政治のためのエキゾチックな毒と薬の暗殺。


人間遠隔操作実験



DR ホセ・デルガドは、人間に実験、感覚や色のビジョンデルガドがqunte

原始破壊よりも危険とした。

人を対象としroboticizeするために使用された。

感覚や色のビジョンで遠隔操作が可能。

人の脳をパソコンと見立てロボットのように遠隔操作する。

0コメント

  • 1000 / 1000