チューニング A=440Hz 世界標準について

A=440Hz=ドレミファソシド音階の「ラ」の音。

英語読み C D E F G A B C

日本語読みハニホヘトロハ



A=440ヘルツ 1939年から標準に(BSI英国標準組織)

このとき、ロックフェラー財団とナチス政府が関わった奇妙な協会によってアメリカ音楽家協会に資金を提供し(1910年)、後に(1939年)標準チューニングの概念を一般化させた。


陰謀説


音の周波数は人間の行動に影響する。

2で割り切れる周波数には争い、3で割り切れる周波数は融和

人間の感情に左右する。



A=440Hzは、1オクターブ上A=880Hzで2で割り切れる。

3で割り切れる周波数へ


※A=440Hzが悪者にされているようにも聞こえますが、私はそんなことはないと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000