PCで無料ハイレゾ音楽を楽しもう

ハイレゾとは?

ウインドウズでハイレゾ音源を聴く方法



聞こえない音が人間の心身にとって大事な音だった?

ハイパーソニック・エフェクトは人工的な音環境が人の心身に現代病といった影響を及ぼす可能性を指摘している。


可聴音を基準にしてスマホやパソコン、CDやDVDなどの規格は決まっているが、標準は以下の通り。

  • AAC (256kbps)256kbps 
  • CD (リニアPCM 44.1kHz 16bit)1411.2kbps

人の可聴域を十分にカバーできる周波数なのだが、ハイレゾなら高周波や低周波がさらに拡大されることは間違いない。


ハイレゾの場合は

  •  hi-res音源(リニアPCM 96kHz 24bit)4608kbps
  •  hi-res音源(リニアPCM 192kHz 24bit) 9216kbps 

ハイレゾの方が遙かに高周波を再生できることがわかる。


ハイパーソニック・エフェクトでは可聴音が脳活動を減少させる現象も観測されたが、音楽とアルファ波、リラックス状態の関係は個人の好みや精神状態に影響を受けると考えられており、可聴音のみの音楽鑑賞といった行為が必ずしもアルファ波やリラックス状態を減少させるとは考えられていないらしい。

今考えられるPCの音楽環境としては、何も考えずに好きな音楽を好きなときに聴くか、イヤホンではなく高ヘルツで鳴るスピーカー(特に音の倍音成分の再現が重要)を選び、記録媒体は、40,0kHzを超える高音域再生が可能な「SACD」「DVD-Audio」「BD-Audio」を選び、超低音は、エンクロージャーの低音の共鳴を増幅させたシステムにすると脳の活動に変化が見られる可能性はある。


0コメント

  • 1000 / 1000