ミラーニューロンがガスライティングの行動の根源

wiki

ミラーニューロンはイタリアのパルマ大学ジャコモ・リッツォラッティによって、1996年に発見されたものまねをしたがる鏡のようなニューロン。


ガスライティング(英: gaslighting)は心理的虐待の一種であり、被害者にわざと誤った情報を提示し、被害者が自身の記憶、知覚、正気を疑うよう仕向ける手法。例としては、嫌がらせの事実を加害者側が否定してみせるという単純なものから、被害者を当惑させるために奇妙なハプニングを起こして見せるといったものまである。 「ガスライティング」という名は、『ガス燈』という演劇(およびそれを映画化したもの)にちなんでいる。現在この用語は、臨床および学術研究論文でも使われている。


ミラーニューロンの特長

人が他人の行動を観察しているとき、観察者の運動野がより活動しやすくなる。

他人の手が動いているのを見るとき、人はその手がつかもうとする対象へと目線が向いている。

他者の行動を観察するとき、人の目線は他人の行動を予測しながら動いているらしい。

さらに、ミラーニューロンは、人の考えや欲求などを推測する能力、シミュレーションといった行動を起こさせる。


集団ストーカーのつきまといや仄めかし等は監視をしていると出てくるミラーニューロンが原因のひとつであると言えるのではないだろうか。


ミラーニューロン関連書籍



0コメント

  • 1000 / 1000