振動周波数が宇宙を理解する鍵、369 ニコラ・ステラ

ニコラ・テスラ(セルビア語ラテン文字表記・英語:Nikola Tesla/セルビア語キリル文字表記:Никола Тесла、1856年7月10日 - 1943年1月7日)は、19世紀中期から20世紀中期の電気技師、発明家。交流電流、ラジオやラジコン(無線トランスミッター)、蛍光灯、空中放電実験で有名なテスラコイルなどの多数の発明、また無線送電システム(世界システム)を提唱したことでも知られる。磁束密度の単位「テスラ」にその名を残す。

8か国語に堪能で、詩作、音楽、哲学にも精通していた。 エジソンのライバルだった。


テスラは数字3,6,9に執着しました。数学の普遍的な言語である多くの人には知られていない基本的な事実を理解しました。人間によって発見された科学で、彼によって発明されたものではありません。
テスラは星形成、胚細胞の発達、そして「神の計画」や「神の青写真」と呼ばれるものなど、宇宙で起こる数値パターンを考慮に入れました。
自然が反応すると思われる基本的なシステムがあります。「バイナリシステムのパワー」ではパターンが1から始まり、倍数になります。

したがって、細胞および胚は、例えば、以下のパターン:1,2,4,8,16,32,64,128,256などに従って開発される。

マルコ・ロダンは、いわゆるボルテックス・マス(トーラス解剖学の科学)の中に、1,2,4,8,7,5,1,2,4,8,7,5,1,2という繰り返しパターンがあることを発見しました、4などが無限大になります。

ここで、数字3,6と9は存在せず、ロダンによると、これは、これらの数字が「流れ場」と呼ばれる第3次元から第4次元へのベクトルを表すという事実による。

このフィールドは、他の6つの数字のエネルギー回路に影響を与えるより高い次元のエネルギーです。さらに進んで、マルコ・ロダンの学生であるランディ・パウエルは、これが自由エネルギーの秘密鍵であると言います。テスラは彼の人生の最後の日まで調査しました。

しかし、たとえテスラを超えて見ても、私たちが目にした3つの文化が常に存在していても、非常に重要であることに気づくでしょう。



BEATLES Revolution9


0コメント

  • 1000 / 1000