ニコラ・ステラ369とソルフェジオ全周波数【174-963】とカバラ、振動によって全ては創造された?


振動によってエネルギーの形によるプロセスが別のものへ

周波数とは、音波や電波の1秒あたりの振動回数です。単位は(Hz)です。

ソルフェジオ周波数の提唱者レオナルド・G・ホロウィッツ

旧約聖書の『民数記』の中に暗号として隠されていたという。

彼は他の研究者とともに、健康なDNAの内部コア、マトリクスから六方晶構造の六角クラスターを成す水分子を発見した。

老化や中毒によってこれらの結晶クラスターは消耗され、細胞DNAの完全性は損なわれる。この老化の主なプロセスはほぼすべての生理的機能に悪影響をあたえる。

作家のスティーブ・シェルニスクによると、六方晶の水のクラスターは、DNAの二重らせん構造をサポートし、特定の周波数に共鳴して振動し、それらの周波数は信号伝達を通じて体内の細胞構造の恒常性を取り戻す助けとなる……エネルギーの一つの形によるプロセスが別のものに変わるというのだ。

ソルフェジオに関してはいろいろいわれていますが、今回は、369という数字に注目します。

創造なんて大きなテーマをタイトルに書いてしまいましたが、周波数の振動によって創造ではなく形を変えることができるということです。


ソルフェジオは369で並んでいた

ソルフェジオの全周波数を見てみます。


174Hz・・・意識の拡大と進化の基礎

285Hz・・・多次元領域からの意識の拡大と促進

396Hz・・・罪、トラウマ、恐怖からの解放

417Hz・・・マイナスな状況からの回復、変容の促進

528Hz・・・理想への変換、奇跡、細胞の回復

639Hz・・・人とのつながり、関係の修復

741Hz・・・表現力の向上、問題の解決

852Hz・・・直感力の覚醒、目覚め

963Hz・・・高次元、宇宙意識と繋がる


何だ、「何処に369などある」とお叱りを受けそうですが、

クイズです。シンプルなサイン波の周波数を聞きながら見つけてください。

YouTube動画はAfterEffectで万華鏡のようなイメージで作ったつもりだったのですが、見ていると気持ち悪くなることがあります。飛ばして答えを考えてみてください。


174・・・意識の拡大と進化の基礎


285・・・多次元領域からの意識の拡大と促進


396・・・罪、トラウマ、恐怖からの解放



417・・・マイナスな状況からの回復、変容の促進


528・・・理想への変換、奇跡、細胞の回復


639・・・人とのつながり、関係の修復


741・・・表現力の向上、問題の解決


852・・・直感力の覚醒、目覚め


936・・・高次元、宇宙意識と繋がる



おわかりでしょうか?

正解は

  • 174Hz・・・意識の拡大と進化の基礎         1+7+4=12 1+2=3
  • 285Hz・・・多次元領域からの意識の拡大と促進    2+8+5=15 1+5=6
  • 396Hz・・・罪、トラウマ、恐怖からの解放      3+9+6+18 1+8=9

174Hz=3 285Hz=6 396Hz=9  {3,6,9}

  • 417Hz・・・マイナスな状況からの回復、変容の促進  4+1+7=12 1+2=3
  • 528Hz・・・理想への変換、奇跡、細胞の回復     5+2+8=15 1+5=6
  • 639Hz・・・人とのつながり、関係の修復       6+3+9=18 1+8=9

417Hz=3 528Hz=6 639Hz=9 {3,6,9}

  • 741Hz・・・表現力の向上、問題の解決        7+4+1=12 1+2=3
  • 852Hz・・・直感力の覚醒、目覚め          8+5+2=15 1+5=6
  • 963Hz・・・高次元、宇宙意識と繋がる        9+6+3=18 1+8=9

741Hz=3 852Hz=6 963Hz=9 {3,6,9}


見事に369,369,369と並んでいます。

聖書の民数記からと上記しましたが、この考え方は仏教やカバラ(カバラが先)にもあり、エジソンのライバルと言われたニコラ・ステラ博士も369に着眼しました。



振動による共鳴実験




神の数字ナンバー9

引用
マルコ・ロダンは、いわゆるボルテックス・マス(トーラス解剖学の科学)の中に、1,2,4,8,7,5,1,2,4,8,7,5,1,2という繰り返しパターンがあることを発見しました、4などが無限大になります。
ここで、数字3,6と9は存在せず、ロダンによると、これは、これらの数字が「流れ場」と呼ばれる第3次元から第4次元へのベクトルを表すという事実による。
このフィールドは、他の6つの数字のエネルギー回路に影響を与えるより高い次元のエネルギーです。さらに進んで、マルコ・ロダンの学生であるランディ・パウエルは、これが自由エネルギーの秘密鍵であると言います。テスラは彼の人生の最後の日まで調査しました。
しかし、たとえテスラを超えて見ても、私たちが目にした3つの文化が常に存在していても、非常に重要であることに気づくでしょう


振動周波数によって物の形は変わる?



世の中善人ばかりではない DNAがソルフェジオ周波数で変わるなら悪用する人もいる

引用 https://everydayconcerned.net The EveryDay Concerned Citizenさんより

アーサー・ファーステンバーグ、の作者電子レンジ地球と 目に見えない虹:電気と生命の歴史、で取締役会の環境擁護の重要な声携帯電話タスクフォース と宇宙からの放射線の展開に対するグローバル・ユニオン(ガード)は、ニュースを乱す私たちをもたらしますFCC、および無線/インターネット産業が計画しているもの、そして読者の皆様に一歩前進してすぐに行動するよう求めています。
彼がもたらしたメッセージは驚くべきことであり、人間の動物の生き方は2年以内に逃げる危険性があります。もし、責任を負いかねない5社の無責任な会社がFCCが承認した20,000人の衛星を宇宙に打ち上げ、 5G)ミリメートル波周波数をフェーズドアレイアンテナを介して提供しています。これは、スペースからアンダーワールドに至るまでのインターネットアクセスを提供するものですが、現実にはELF / VLF(超低/超低周波)何百万ものワットの放射パワー "は、今日のすべての無線信号と同じ です。ELFとVLF周波数では、シュミーン共鳴の周波数、私たちの人間と動物の脳と体が活動する頻度は進んでいくことが許されています。「それは私たちを殺し、それは止めなければならない」

369を666と唱えた出口王仁三郎

369は日本語で表すとミロク、弥勒菩薩です。(6が3つとも言える)

この弥勒の世を666と唱えたのが大本教の出口王仁三郎です。



追記

私の自論

?によって、創造されたこの世界を369(666)の振動によって造り替えたものが居るのではというのが私の結論です。

それ以前の歴史は全て隠蔽され、私たちは教科書で学んだことを信じているのが一般的。


しかし、ラーマヤーナや旧約聖書には核戦争があったのではと思わせる記述もありますし、その年代には存在していないはずの人工的な物質も発見されています。

旧約聖書の登場人物は皆何百歳まで生きていますし、同じような神話が世界中にあります。

ということは、世界を行き来していたということにもなります。

言語は、何万年後には変化しているか、国の消滅と共に消されてしまいますから、古代人は言語よりもシンボリックなものをわざと残したのではと思わせるような遺跡もたくさんあります。

今後解明されるかどうかは分かりませんが、私の考えでは、この振動によってこの世界を造り替え、神と呼ばせていたものが、それ以前の地球の歴史を隠蔽し、今もってこの世界を支配しているのではないかということです。


そして、そのものは聖書にある最初からの大嘘つきもので人殺しである蛇、野獣と呼ばれるものではないかと。

蛇は、現代によみがえり、緑龍会からナチスへそしてCIAへと受け継がれ、世界を影で支配しているのではないでしょうか。

ヨハネの黙示録では野獣とは『かつており、今はおらず、底知れぬ闇から』とあります。

わたしはその蛇の正体を知りたくて、トルコの遺跡に行って参りました。(トルコでギョベクリ・テペ12000年前の遺跡が発見された。6000年前以前の人類の文化的遺跡はほぼ発見されていない)

その中でも、エフェソス、パムッカレ、カッパドキア、シェリーマンで有名なトロイ遺跡などが印象的でした。

下の動画はドルメンと呼ばれ食糧倉庫ではないかと言われているもの。林さんの説では人間を食べていたと主張しています。


YouTube Hiroshi Hayashi

955+717 食人(ヨーロッパの暗黒史)Cannibalism in Europe【穴あきドルメンの謎】より




そして、古代の競技場では人間同士が殺し合っています。

神話では勝った方が、神に捧げられるそうです。

この、人間を食べ、人間同士を戦わせ、働かせて殺してしまう神こそ、自らを神と偽って振動によってこの世界を造り替えたものの正体ではないでしょうか。


そして、現代のテクノロジー犯罪はこの周波数による振動で音声を送り、人間を制御しコントロールしようとしている犯罪が世界中で起こっています。

しかし、世界中で起こっているのに、表面化しませんし、解決しません。

どうしてでしょうか?

是非、一緒に考えてください。

今後の人類の存続に大きく関わる問題だと私は考えています。

このブログのロゴマークはこの穴あきドルメンもしくは鳥居からヒントを得て作ったものです。ドルメン=鳥居の提唱者は林ひろしさんです。

なんと、鳥居をくぐって神に祈るのは実は悪魔に祈っていたということになります。

日本では、自らの欲望を成就させるために祈ることが多いと思います。

商売繁盛、自己実現。

鳥居 浮世絵 画像 Google検索結果


しかし、聖書や宗教書では神にそんなふうに祈れとは書いてありません。

神をたたえるために祈るのが祈りであり、自分にとって都合の良いことが起きますようにと願うのは悪魔に祈っていることになります。

常識的に人間のほとんどは神に祈るのではなく自分のために祈っています。

神だと思って祈っていたのは、悪魔だということになります・・・。



イザナミ


日本の裏神道(?振動)カバラの関係?


裏神道 奥義カッバーラ(迦波羅)について


3×3は陰陽道の魔方陣

かごめかごめ、カゴメ、籠目(籠目紋)六芒星

   

    294

    753

    618


縦横斜めをカバラ計算で足すと(1桁にして足す)

2+9+4=15 1+5=6

7+5+3=15 1+5=6

6+1+8=15 1+5=6


2+7+6=15 1+5=6

9+5+1=15 1+5=6

4+3+8=15 1+5=6


2+5+8=15 1+5=6

4+5+6=15 1+5=6


6 666 6

6 294 6

6 753 6

6 618 6

6 666 6

全て6で囲まれる



六芒星はダビデの星ではない?

イエズス会の提案によるもの。


奇数で線を引くと十字となる(陰陽)

753

8 


666に囲まれる十字

※集団ストーカーはぞろ目ナンバーの車でよく追いかけてきます



六芒星はイエズス会の三角形を2つ足したものという提案

三角形、三本足、八咫烏、陰陽 ロスチャイルド

偽のキリストに囲まれる十字架



ニコラ・ステラからずいぶんと飛躍しましたが、369の法則で666が取り囲み、形を変え、それ以前の世界をすり替えたように私の目には映ります。

はっきりと、答えは出せませんが、テクノロジー犯罪者の得意技”乗っ取り”と共通しているのではないでしょうか。

知識や数字に罪はありません。数字にある種のパワーがあるならばその力をどう使うかという心の問題だと思います。

666やぞろ目は悪魔どころかカバラではラッキーナンバーです。

また、なにが、ラッキーでなにが、そうではないのかは、善悪にもつながってきますし人それぞれだと思います。



周波数によって存在する生命体?

『失われた堕天使ルシファーの謎』(飛鳥昭雄・三神たける)引用します。

「ふつう、われわれには霊体が見えない。

しかし、目に見えないからといって、存在しないとは限らない。

電磁波は目に見えないが、確実に存在する。

物理学的にいえば、あらゆる方法によっても観測できないことが、存在しないことの定義となっている。

問題は、この『あらゆる観測方法』なのだ。

はたして、現代科学は『あらゆる観測方法』を手に入れたのだろうか。

かの天才物理学者アインシュタインはいった。

『私たちのいる地上を去っていった者たちは、私たちから遠く離れているのではない。

ただ、私たちとは異なった周波数帯において存在しているだけである』

たとえば、電磁波には周波数というものがある。

周波数とは、1秒間に発生する波の数で、ふつう『ヘルツ』という単位で表される。

低い周波数から電波、赤外線、可視光線、紫外線、エックス線、ガンマ線と、その性質や名称が変わっていく。

われわれが普段、目にしている世界は可視光線の周波数帯である。

もし、エックス線を感知できる目を持っていたら、まわりの物はすべてレントゲン写真のごとく透明のものとして映る。

つまり、周波数によって、見えるものと見えないものがある。

もし、霊体が存在するとするなら、それは可視光線とは別な周波数帯で観測する必要がある。

もっとも、電磁波は物質ではなく、純粋なエネルギーである。

そのため、霊体のような確固たる形を持っていない。

だが、物質を構成している原子もまた、電磁波同様、固有の周波数を持っている。

よって、究極的には物質はエネルギーであり、その周波数によって姿を変えているといっていい」

0コメント

  • 1000 / 1000