1秒も止まらぬ嫌がらせ

2018/07/31 日記

テクノロジー犯罪被害者です。

1993年から被害に遭い、ほっておけばこの手の嫌がらせはいつか終わるだろうと思っていました。

私の大きな誤算でした。

その嫌がらせは、1秒も止まらず継続しています。

1秒も止まらないのです。

私へのV2K(音声送信、同調音声)は自殺未遂から立ち直り、環境を変えるために引っ越しをしてから始まりました。それ以前には会話型の音声送信もありました。

いわゆる、同調音声と呼ばれ、脳内で、リピートして頭の中に音声を送ってきます。

このことを人に話しても、自分の身内ですら信じてくれませんでした。

警察も、外傷があったらいつでも連絡をしてくれと言うだけで、全く解決しません。

継続的な嫌がらせは24時間続けば、人生全てを抹殺されているのと変わりありません。

脳内に響く音声は女性の声で5人から7人でつねに送ってきます。

いつまでたってもこの嫌がらせは気持ちが悪くなれません。

しかし、私は、今年いっぱいぐらいで終わるのではないかと感じています。


トランプ政権は旧勢力CIAと対立し、新たな流れになってきていると思います。

日本はアメリカに戦争に敗れ、その後、表面化させないアメリカの影の支配が続いています。

日本国民はそれを知りません。

アメリカは韓国(朝鮮)に、日本の監視役を任せ、通信を全てアメリカが傍受できるように仕組み、岸首相はそのために統一教会を作りました。創価学会も同じ流れです。

被害者が、どれだけ訴えても犯人は捕まりません。

国が絡んでいるからです。

そして、その日本の支配の全てはCIAが行っていました。

金融ユダヤとフリーメーソンなどがその中心だったと言えます。

しかし、トランプ大統領はこの旧勢力と対立しているようなのです。

CIA狩りが始まるかもしれません。

日本はほぼ、政治、マスコミを含め、このCIAの影の支配下にあったと言えます。

トランプ大統領がCIAと対立すれば、状況はかなり変ってくるはずです。

詳しいことは、個人のブログでは余り書きませんが、今年いっぱいで状況が大きく変ると私はにらんでいます。

しかし、ターゲットである私のような被害者が助かったとしても、世界が良くなるとは思えません。

あるうわさでは、トランプはイルミナティであると言うことです。

イルミナティには5カ条があり、腐敗した政治、宗教団体などを全て滅ぼす計画です。

今までは、この政治家や宗教団体に権威を持たせておいて、ようは餌を与えておいて、滅ぼすというやり方です。

もし、トランプがイルミナティであるならば、一度世界は完全に平和になるかもしれません。そして、徐々に腐敗していくはずです。

私のような初老の一般人がこんなことを考えていても何ともなりませんが、毎日苦しいので、わらにもすがるような気持ちです。

イルミナティはそこへ手を差し伸べ、自作自演で悪魔と天使を演じます。

まんまと全ての人は彼等の支配下に陥ってしまいます。

たとえ、ターゲットとして救われたとしても未来を楽観視することはできません。

彼等は最初からの蛇、悪魔、野獣です。

自らを神とし、善悪を裁き神に背いた悪魔です。

人の心にこの善悪を裁き自らを神とするような意識を送り込み、分裂させ、その人を個人レベルで永遠に心も体も滅ぼします。

これは、被害者も加害者も同じです。

加害者もまた、イルミナティの被害者でもあります。

すべて、彼等に操られています。

人は肉の塊ではありません。

心というものが存在します。

彼等は思考盗聴と脳内音声によって、人の心を破壊していきます。

これは、実際に殺されるよりも苦しいのです。

なんとか、被害が終わって欲しいとは思いますが、複雑な心境の毎日です。

心の闇とは裏腹に、私は最近音楽活動を再開し、仕事もはじめ、明るく振る舞っています。

表面上だけでも、明るく振る舞うように努めています。

それは、私自身が楽になるからではなく、私の心の闇を人に打ち明けると、周りの人まで暗い気持ちになってしまうからです。

すぐに解決するなら、良いですが、いつまでたっても終わりません。

毎日、明るく笑顔を作るように努力しています。

そして、周りの方々に、私の闇を感じさせないように暮らしていけたらいいなと考えています。

ぼやきのような日記になってしまいましたが、個人では太刀打ちできる相手ではないので、私は私のことをぼやきます。

組織には組織でやはり対抗していくのが妥当だと思います。

最近は、被害者さん達が立ち上がり、新しい流れが見られます。

私個人で、ターゲットのことや、世界的組織犯罪のことを訴えるのはもう辞めようと思います。

今までは、世界的な組織的犯罪を訴える人が少なかったので、私は、Targeted Individualsを知ってもらうためにブログを書いてきましたが、そろそろそんな必要はなくなってきた気がします。

大きなことは大きな組織に任せて、個人的な被害などをこのブログでは書いていきます。








0コメント

  • 1000 / 1000